【販促ラボVol.9】商標登録の相談をしてみた、の巻き

By | 2016年12月15日

またも年末差し迫る中、行ってきました。商標登録の相談へ。

「そこまでやる??」という声も聞こえてきそうですが、ちゃんと本来の流れを知っておきたかったのです。自分たちが経験しておけば、お客様がいざその状況になったとき、実体験を元にお話しさせていただけるかなと。

伺ったのは、いつもお世話になってる東向行政書士事務所の東向先生からご紹介いただいた、辻本法律特許事務所様。弁護士・弁理士の辻本先生と弁理士の神吉様にご対応頂きました。

結論、ご相談してとてもよかったです。

商標登録をする意味はなんなのか商標登録するにはどんなやり方があるのか、コストはどのくらいかかるのか、をこちらの立場に立って率直にお話くださいました。

商標登録っていろんなやり方があるのね。いかんせん自社で商標登録をしようなんて考えたのは初めてのこと。とても勉強になりました。

でも一番、良かったなと思ったのは、お会いしてお話を聞いて、先生のお仕事に帯するスタンスがわかったこと。

実際、辻本先生の事務所より、安く商標登録の手続きするところもあるようです。

でもそれはあくまで『手続き』料だけで、辻本先生のところのように本当にどういう形ですればよいかを調べたり、一緒に考えたりしてはくれないところが多いみたい。

 

やっぱり最初だし、お願いするなら不安を一緒に解消してくれるところがいいよな。

今回、商標登録をしようと動いてみて、改めて自分たちの仕事も振り返れました。

 

お客様の不安をちゃんと解消できる存在になれなきゃ、ちゃんとした商売はしていけない。

 

身が引き締まる思いでした。マル。