【リモートワーク】在宅ワーカーにオススメのツール②

By | 2016年6月2日

前回の「コミュニケーション編」につづいて、
今回は「ストレージ編」




●index

これは便利!
リモートワーカー必見のデータ保存用ストレージ

・Googleドライブ(グーグルドライブ)
・クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic」
・Dropbox(ドロップボックス)




・Googleドライブ(グーグルドライブ)https://www.google.com/intl/ja_jp/drive/

税理士さん、社労士さん等、
私だけがやりとりする外部のブレーンさんとの
資料の格納場所として使っています。

社内外問わず、誰でも
Gmailを持っていれば使えるので、かなり便利です。

もひとついうと、
共同編集が可能なスプレッドシートやドキュメント、
アンケートに適したフォームが
ダウンロードせずとも、ストレージ上で作業・保管出来るので便利です

クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic」
https://zenlogic.jp/

ファーストサーバ株式会社が提供しているサーバです。
これはGoogleドライブと同じような使い方をしていますが、
スタッフも作業する案件のデータ・ファイルを格納するなど、
収納する種類がちょっと違います。
(Googleドライブは労務・経理用、Zenlogicは受注案件用、というイメージ)

もともとWEBサイトなどを公開するときに
サーバーは使われているケースが多いのですが、
「owncloud」というファーストサーバ独自のアプリをダウンロードすれば、
サーバーをストレージ使い出来るようになります。

Googleドライブとは別に、こちらを使ったのは
容量と利用する人数の関係。

うちの場合、契約しているデザイナーさんなど
直接うちのストレージにアクセスして仕事をするケースが多々あって、
外部ブレーンさんも含めると、10名以上でストレージを共有しています。
Googleドライブだと100GBで月換算200円くらいなのですが、

人数分だけ費用がかかるので、10名以上となると結局すぐに
Zenlogicと同じ値段くらいいってしまうんですよね・・。



もうひとつ魅力をいえばスタッフによるリアルなサポート。

「ネットってなに?」「サーバーってなに?」と言うレベルで
ネットのことは分からない、という方には絶対オススメ。

確かに
ロリポップなども 安いし、電話サポートもあるのですが、
ゼンロジックは無料で対面サポートがあります。
これ、絶対いいです。

「なにが分からないのか分からない」けど「上手くいかない」
って時はPC見ながら説明してもらえる、
この環境、めっちゃいいです。

分からないことを調べるのにパワーかけてたら、
本業に費やす時間なんて
あっと言う間になくなります。
ここは時間をお金で買うべき・・。

もちろんネットに詳しい方も、忙しくて、
自分で原因を究明する時間がない人には超オススメ。

ちなみに過去に【事故】を起こしている同社。
その反省をいかして、二度と同じ事態をひきおこさないよう
セキュリティに徹底配慮したサービス体制は
一度調べてみる価値アリです。

https://zenlogic.jp/user-support/?bid=header
※「事故」のコトは検索してみればすぐ出てきます。

Dropbox(Dropbox)https://www.dropbox.com/

これはGoogleドライブ以上に
周囲で使っている人が多いので、
いちおうアカウントを持っている、という感じです。

便利は便利なのですが、
うちの場合、ストレージをたくさんの人(最低10人以上、多い月はもっと)と
共有しないといけないので
Dropboxの有料サービスは
ユーザー数ごとに値段が増えていくので、ちょっと辛かったのです。。。

でもユーザーがさほど増えない人なら、
Dropboxは便利だと思います




以上今回はデータの保管場所についてご紹介してみました。
複数名で作業したい、
自宅作業のスタッフと共有したい、
費用を抑えたい、など
いろんな要望にあわせて
ベストなストレージ選びができるといいですね