Q:「文章・ライティングの勉強会」とは?

By | 2016年8月3日

A:「文章力をあげたい」方に捧げる学びの場です。

「文章力」は人それぞれ違います。
また「文の上手い・下手」の解釈にも
人それぞれ、いろんな基準があると思います。

この「文章・ライティングの勉強会」シリーズでは
私たちの考える「文章力」を磨くために役立つ
様々なコツやノウハウを、
あの手この手で探求・共有していきます。

 

私たちが考える「文章力」は、「作成力」×「情報収集力」×「編集力」

●基礎となる文の「作成力」


文そのもののクオリティは、
「文章力」を大きく左右する要素です。
基本的な文法が間違っていない、
読み手が分かりやすい起承転結のある構成にする、
伝わりやすい言葉を選ぶ、などなど
文章作成には、いろんな技術が必要です。
この作成力が身に付いていないから自分は文章が下手、
そう感じている人も多くいらっしゃると思います。

 

作成力を補う「情報収集力」×「編集力」

しかし、プロのライターではない人が、
「作成力」を習得し、実践するにはとても時間がかかると考えています。
(私も15年以上やってますが、まだまだ・・。
お察しの通り、私より文章の上手いライターさんは、
世の中に腐るほどいます)

でも、みんな何か発信したい情報があったり、
発信しなければならない立場にいたりする。
本来の仕事やプライベートでの忙しさを抱えながら、です。

だったら、単に文の「作成力」だけを磨くのではなく、
違う角度からも「文章力」をあげる方法を
模索していけないかなと。


そこで大切にしたいのが
「情報収集力」と「編集力」です

 

「情報収集力」とは?>
読む価値のある情報
をいかに届けられるか、
小手先だけでなく、意味のある情報が詰まった文章は、
多少、不器用な文でも、
きっと読んだ人の満足度は高められると思います

 

「編集力」とは?>
文を書くことに伴い、デザイン、写真、紙、WEB、映像など
別の要素も必要となってくるでしょう。
私たちはこれらの要素を
文とあわせて編集する力もまるごと含めて
「文章力」と考えています

 

●たくさんの人が「そうか!」と理解できるように、
出来るだけたくさんの答えをみつけていきたい>
みな「文章力」には
レベルの差があって当然です。
つまり、
「これさえ知って守っていれば、
どんな人でも、誰でも、超うまい文章が書ける!」
なんていう魔法のようなセオリーは
ないんじゃないかと思っています。

文章を書く環境も、
書き出す時のやりかたも、
情報を整理する時の仕方も、
プロのライターだって人それぞれ。

例えるなら、
英文法を学校でならったからといって、
誰もが英会話を話せるようになる訳ではないのと同じです。

「英語の文法は分かんなかったけど、うまく話せるよ」
という人もいると思うし、
「基本の文法を理解しないと気持ち悪くて先に進めないよ」
という人もいると思うんです。

「文章・ライティングの勉強会」では
「子どもの時から国語が苦手だった!」
というくらいに書くのが苦手な方も

「プロのライターじゃないけど、書くのは嫌いじゃないし、
ブログも結構書いてる。でももうちょっと良い文章書きたいんだよね
という文章慣れした人も、

もちろん、プロのライターとして仕事をしたい人も

誰もが、それぞれの「文章力」をあげるために、
そのコツを探求・共有していきたいと考えています

もちろん、ここでコツやノウハウは発信しつつも、
私たち発行者側もみなさんと一緒に
「文章力」について、考え、学び続けられたらと思っています。
どうぞ末永くよろしくお願い致します。